概要

商号 株式会社 中 村
創立 昭和30年4月
設立 昭和60年9月
資本金 1,000万円
役員 代表取締役 社長 中村孝
専務取締役 中村浩士
所在地 本社/奈良県桜井市三輪1154番地
精米工場/奈良県桜井市三輪1154番地
第二倉庫/奈良県桜井市新屋敷256番地
小売店【お米の国】/奈良県桜井市三輪1154番地
売上高 (平成24年実績)12億円
事業内容 米穀の卸売、小売販売
農産物の検査、集荷、販売
三輪素麺販売
従業員数 12名(平成24年)
車両台数 大型2台・3t車3台・1t車1台・ボンゴ3台・軽自動車7台・リフト3t 4台
取引銀行 りそな銀行、南都銀行
特約保険会社 損保ジャパン
販売先 病院・ホテル・レストラン・事業所給食・レジャー施設・各種福祉施設・保育所・諸官庁・各種外食店・仕出し・弁当・一般消費者・米穀卸売各社及び・小売店など約1,000軒

沿革

昭和30年4月 米穀販売 中村商店創業
昭和36年4月 桜井市大字三輪1154番地に150坪の土地取得する
昭和42年6月 総馬力数60の精米工場を建設
昭和55年9月 桜井市三輪428番地の土地450坪取得
昭和58年2月 くず米本機50馬力、比重選別2基(15馬力×2)包彩選別機30チャンネル3基
研磨機25馬力を酒米搗精販売のため設置
昭和60年9月 法人 株式会社中村設立
平成元年 桜井市新屋敷256番地1260坪を工場、倉庫建設予定地として取得する
平成2年9月 桜井市1154番地に「お米の国 お持ち帰り専門店」オープン
平成4年6月 桜井市三輪428番地に精米本機50馬力、色彩選別機80チャンネル、ノムラ自動計量包装機その他一式を設置
平成4年9月 お役様のニーズに応える為、低温倉庫(150坪)を建設
平成8年11月 自動包装計量機を設置
平成9年4月 桜井市新屋敷256-1・5・6番地に倉庫(300坪)を米の保管・小売店舗増設の為建設
総車台数…大型4台、普通車10台、軽自動車2台、リフト3トン4台、2トン2台
平成11年6月 米・食味鑑定士の資格認定取得(0110115号)
平成16年9月 国内産農産物検査員の資格取得
平成16年9月 国内産玄米農産物検査登録機関として業務開始
平成22年6月 無洗米処理機 米クリン((株)タイワ精機)を導入する
平成23年6月 異物除去専用選別機 ファイナルソーターRFGS65AMS(株式会社サタケ)を導入する
平成23年7月 糖玉取機 BBS601とおせんぼう(のむら産業株式会社)を導入する
平成23年8月 調理炊飯鑑定士の資格認定取得(0230031号)
平成24年12月 トーヨー撰穀機((株)東洋精米機製作所)を導入する
平成25年8月 小型光選別機「ピカ選」FGS-3000(株式会社サタケ)を導入する
令和3年7月 インテリジェントパッカーネオスDSR-110を導入する

HACCP認定精米工場

当店では、国際基準の衛生管理手法である「HACCP」を導入しております。
食品の安全管理の取り組みを徹底し、異物混入のリスクを管理し、お客様に安心してお召し上がりいただけるよう、日々努力しています。
  • HACCP(ハサップ)とは

    食品の安全を脅かすハザード (食中毒菌など) が混入するリスクを作業工程を整理することで見つけ出し、そのリスクを工程管理によって取り除き、衛生水準を改善していくための管理手法です。
    事業者自らが、食中毒菌汚染等の危害要因をあらかじめ把握(Hazard Analysis)した上で、原材入荷から製品出荷までの全工程の中で、危害要因を除去低減させるために特に重要な工程(Critical Control Point)を管理し、製品の安全性を確保する衛生管理手法です。
    具体的には、CodexのHACCP7原則に基づいて行う。CodexのHACCP7原則とは、原則1危害要因の分析、原則2重要管理点の決定、原則3管理基準の設定、原則4モニタリング方法の設定、原則5改善措置の設定、原則6検証方法の設定、原則7記録と保存方法の設定を行います。

メディア掲載

  • 平成29年12月4日

    ※クリックすると拡大します

  • 平成24年2月6日の商経アドバイスに当社が掲載されました。

    ※クリックすると拡大します